ここから本文です

「GANTZ:O」設定資料や絵コンテ紹介する展示企画が開催、VRアトラクションも

映画ナタリー 9月2日(金)11時0分配信

10月14日に封切られるフル3DCGアニメーション映画「GANTZ:O」。その公開を記念した展示イベントが、9月14日から10月23日にかけて東京・NEWoMan(ニュウマン)にて行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

入場無料のイベントでは設定資料やイメージボード、絵コンテなどを紹介。またガンツ製造工場をイメージした体験エリアも用意され、VRアトラクションを楽しめる。アトラクションの映像は「GANTZ:O」で監督を務める川村泰が監修し、「青鬼 ver.2.0」の前川英章が監督している。

「GANTZ:O」は、奥浩哉による原作マンガの「大阪編」を映像化したSFアクション。テレビアニメ「TIGER & BUNNY」のさとうけいいちが総監督を務め、小野大輔、梶裕貴、M・A・Oらがキャストに名を連ねる。

映画公開記念特別展示 GANTZ:O -驚愕の映像世界への転送体験-
2016年9月14日(水)~10月23日(日)東京都 NEWoMan 5階
開館時間 11:00~21:00
入場料:無料
※VRアトラクションの体験は900円(記念品付き)



(c)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

最終更新:9月2日(金)11時0分

映画ナタリー