ここから本文です

エレクトリックリボン、アルバムに先駆けニュー・シングル「アイライン」をリリース

CDジャーナル 9月2日(金)17時45分配信

 昨年リリースの目下最新シングル「無敵ガール」が好評となっているエレクトリックリボンが、ニュー・シングル「アイライン」(HAKO-0012 1,000円 + 税)をリリース。9月27日(火)の発売が決定しています。

 現在制作が進行するニュー・アルバムからの先行シングルとしてリリースされる同作では、“女の子による女の子のため”クリエイターズ・コレクティヴ「花とポップス」(www.hanatopops.com)から作家陣を迎えて制作。最新作『naked』を8月にリリースしたばかりの“あーた”が作詞作曲を手がけたタイトル・トラック「アイライン」と、あヴぁんだんどやHauptharmonieなどの作品も話題となっている“つるうちはな”が作詞作曲を務めた「STAR TEAR」の2曲を収録。カヴァー・アートはメンバー自らが提案、デザインを含むアートワークはすべてメンバー・ericaが担当しています。

 なおエレクトリックリボンは今後、10月28日(金)に東京・新宿 Zirco Tokyoにて共演者後日発表予定の2マン・ライヴを開催。12月21日(水)には東京・渋谷 WWWでのワンマン・ライヴが決定しています。詳しくはオフィシャル・サイト(www.eribon.com)にてご確認ください。

最終更新:9月2日(金)17時45分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。