ここから本文です

浅野“中東の笛”で幻の同点弾 本田が証言「僕の記憶と目が正しければ…」

デイリースポーツ 9月2日(金)6時3分配信

 「W杯アジア最終予選、日本1-2UAE」(1日、埼玉スタジアム2002)

 判定に泣いた。後半32分、FW浅野拓磨(シュツットガルト)のシュートはゴールラインを割ったかに見えたが、ゴールの判定はされず。「自分の中では入ったかなと思った。でも審判を見てもゴールとは言っていなかったので…。ミートしてネットを揺らせていれば」と幻弾に唇をかんだ。近くで見ていた本田は「間違いなく入っている。僕の記憶と目が正しければ、ボール2つ分入っていたと思う」と浅野を擁護した。

 他にもMF大島が相手を倒した際はPKだった一方で、FW宇佐美がエリア内で倒されてもファウルにならないなど、カタール審判団の判定は曖昧な点が多かった。試合後、日本協会はアジア・サッカー連盟(AFC)に意見書を提出した。

 FW宇佐美が「手で押しのけられた。笛に苦戦した感はある」と言えば、DF吉田は「レフェリーの判定が不可解すぎて発言する気にもならない。UAEとカタールは近い国なんだなと思った」と苦言。モヤモヤ感の残る“中東の笛”に最後まで苦しめられた。

最終更新:9月2日(金)7時26分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]