ここから本文です

初秋の大阪でクラシック音楽の祭典 御堂筋を中心に34会場で /大阪

みんなの経済新聞ネットワーク 9月2日(金)10時0分配信

 御堂筋を中心に大阪市内各所で9月11日から、クラシック音楽イベント「大植英次プロデュース『大阪クラシック~街にあふれる音楽~』」がスタートする。(船場経済新聞)

オフィスビルのロビーなどでミニコンサートを開く

 主催は、大阪市、大阪フィルハーモニー協会、御堂筋まちづくりネットワークで構成する大阪クラシック実行委員会。

 大阪フィルハーモニー交響楽団桂冠指揮者である大植さんのプロデュースにより、2006年から毎年開催する同イベントは、今年で11回目。過去10年で798公演、43万人を超える来場者があり、初秋の風物詩として定着しつつある。

 期間中は、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー管弦楽団、大阪交響楽団、日本センチュリー交響楽団、Osaka Shion Wind Orchestra(オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ)の5つの音楽団が、御堂筋や中之島周辺のオフィスビルやカフェ、ホテルのロビーなどでコンサートを催す。

 7日間、34会場で81公演を実施。本町エリアの会場は、本願寺津村別院(大阪市中央区本町4)や本町ガーデンシティ(本町3)をはじめ、大阪証券取引所ビル(北浜1)、大阪ガスビル(平野町4)、大同生命大阪本社ビル(西区江戸堀1)など。

 御堂筋まちづくりネットワークの市村雅俊さんは「スタート当初の何年かは、御堂筋の沿道ビルだけをステージとしていた。今では市の中心部全域へ広がり、大阪のイベントとして世界に誇れるものとなった。都心の街角で、上質なクラシックに気軽に触れていただければ」と呼び掛ける。

 開催は9月17日まで。一部有料公演あり。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】

最終更新:9月2日(金)10時0分

みんなの経済新聞ネットワーク