ここから本文です

【特別映像】中村悠一&吉田麻也選手ら“キャプテン・アメリカvsアイアンマン”どっちを応援!?

cinemacafe.net 9月2日(金)19時30分配信

マーベル・スタジオが贈る『キャプテン・アメリカ』シリーズ最新作にして、まさかの“アベンジャーズ”分裂を描く『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。このほど、9月7日(水)より先行デジタル配信開始、9月16日(金)にはMovieNEXがリリースされることに合わせ、本編クリップ映像と、キャプテン・アメリカの日本語吹き替えでもお馴染みの声優・中村悠一、W杯最終予選中のサッカー日本代表・吉田麻也、タレントの木下優樹菜というマーベル作品を愛する人たちから応援コメントが到着した。

【画像】キャプテン・アメリカチーム/『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

日本をはじめ世界各国で大ヒット、全世界興収10億ドルを突破し、前作よりもスケールアップしたダイナミックな世界観で話題を呼んだ本作。世界の危機を救ってきた“アベンジャーズ”が国連の管理下に置かれることを巡り、アイアンマンとキャプテン・アメリカが激しく対立。さらに、ウィーンで起こったテロ事件の犯人として、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが指名手配されたことを機に、ついに“アベンジャーズ”が分裂。世界を揺るがす“禁断の戦い(シビル・ウォー)”がはじまる。友情によって引き裂かれた彼らの運命は? そして、驚愕の結末とは…?

今後、単独主演作が控えるスパイダーマンをはじめ、魅力的な新キャラクターも登場した本作。今回は、あの最強のアベンジャーズがついにチーム キャプテン・アメリカとチーム アイアンマンに分かれ、大迫力のバトルを繰り広げる本編シーンの映像が到着した。

キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャーズといえば、自ら志願して超人兵士となった正義漢。強靭な身体と特殊合金の盾が武器。素顔は真面目で、恋にも一途、ファッションもあまり気にしないシンプル派。「正義とは何かは、自らが考えるべき!」という考えのもと、国連の管理下に置かれることに反対し、そんな彼のもとには旧友のバッキーことウインター・ソルジャー、スカーレット・ウィッチ、ホークアイ、アントマン、ファルコンが集った。

一方、アイアンマンことトニー・スタークは、発明家ハワード・スタークの息子で大富豪。アイアンマンのスーツは46種類を誇る。セレブファッションを着こなし、女性にもモテモテだが、これ以上「誰も犠牲にしたくない!」という思いのもと、国連に賛成の立場をとる。彼に賛同したのは、ブラックパンサー、ヴィジョン、ブラック・ウィドウ、ウォーマシン、そしてスパイダーマンだ。

このバトルシーンについて、本作のVFXを担当したダン・デレウは、計画に8か月、撮影に1か月半、ポストプロダクションについては時間が許す限り最後まで粘り、「壮大に見えるようにひたすら頑張った」と振り返っている。また、ファイト・コーディネーターのジェームズ・ヤングも、「この空港の戦闘シーンはすごく力を入れたので、何度でも見てもらいたいお気に入りのシーンの一つだ」と打ち明ける。スタッフもイチ押しする、チーム キャプテン・アメリカとチーム アイアンマンの圧巻のバトルシーンは、本作最大の見どころの1つだろう。


また、海外で活躍する吉田選手、タレントとして幅広く活躍する木下さんというマーベル作品を愛する著名人からも、キャプテン・アメリカ派とアイアンマン派に分かれた応援コメントが到着! さらに、キャプテン・アメリカの日本語吹き替えを担当する中村さんから、愛あふれる熱いメッセージが届いている。

■中村悠一(日本語吹き替え版 キャプテン・アメリカ役) キャプテン・アメリカ派
キャプテンを演じ、彼の心に触れるたびにどんどんキャップファンになっております。

■吉田麻也(サッカー選手) キャプテン・アメリカ派
日本代表で一緒の長谷部誠さんとちょっと通じるところもあります(笑)

■木下優樹菜(タレント) アイアンマン派
おじさんで、わがままなんだけど、いざというときはめちゃくちゃかっこいいんですよ。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は9月7日(水)より先行デジタル配信開始、9月16日(金)よりMovieNEX発売、同日ブルーレイ&DVDレンタル開始。

最終更新:9月2日(金)19時30分

cinemacafe.net