ここから本文です

女子高生×麻雀「咲-Saki-」実写化 今年12月ドラマ化&2017年映画化

シネマトゥデイ 9月2日(金)12時12分配信

 雑誌「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で連載中の高校生たちが麻雀に打ち込む熱血スポ根マンガ「咲-Saki-」(作・小林立)が今年12月に実写ドラマ化、2017年初頭に実写映画化されることが発表された。

 「咲-Saki-」は麻雀競技人口が1億人を超え、日本でも大規模な大会が開催される世界を舞台に、女子高生たちが高校生雀士の頂点を目指し奮闘するさまを描いた作品。高校1年生の宮永咲は、天才な打ち方を見せる原村和に感化され麻雀部に入部し、彼女と共に全国高校生麻雀大会での優勝を志す。2006年から連載を開始し、現在コミックス15巻まで発売。2009年、2012年、2014年にスピンオフ作品を含めてテレビアニメ化された。

 ドラマは今年12月に地上波の深夜帯に4話構成で放送予定。2017年初頭に公開予定の実写映画と併せて、キャスト、スタッフ等の詳細は近日公表されるという。(編集部・井本早紀)

最終更新:9月2日(金)12時12分

シネマトゥデイ