ここから本文です

香川真司「切り替えてやるしかない」/日本代表

ISM 9月2日(金)8時52分配信

 日本代表は1日、2018年W杯アジア最終予選でUAEと対戦し、1対2で敗れた。以下、試合後のMF香川真司(ドルトムント/ドイツ)のコメント。

●香川真司コメント

「この結果を受け止めるしかないし、僕たちは次の試合に向けてやるしかないと思ってます」

Q:今日は香川選手のところにあまりボールが入らなかったが?
「そうですね、なかなか前半はスペースがなかったので、自分自身も受ける場面が少なかった。それは次の課題ですけど、こういう戦いがある可能性は十分あります。この中でしっかり結果をチームとして、個人としてもそうですけど、残さないといけない中で90分通して残せなかったのはすごく悔しいです」

Q:判定に苦しめられた?
「それはしょうがないですね。僕たちが言えることではないですし、こういうのも想定内だと思ってるので、それは何も言うことはできないですけど」

Q:試合後に審判のところに言いにいった?
「特に僕は何も言ってないですけど。これは受け入れるしかないし、それが僕たちに続いたのは結果論なので。それはもうその時の試合でしか分からないですし、それをどうこう言ってもしょうがないので、切り替えてやるしかないのかなと思ってます」

Q:ボランチに大島選手が入った変化は?
「技術のある選手なので、もう少し周りがうまくフォローできる場面がたくさんあったと思うし、そういうところで少し落ち着かせる時間帯を僕たちが作ってあげないといけなかったと思ってます」

最終更新:9月2日(金)8時52分

ISM

スポーツナビ サッカー情報