ここから本文です

泡盛使ったカクテルレシピを公募 消費増へ8団体が協議会

琉球新報 9月2日(金)15時29分配信

 県酒造組合と県内飲食業7団体は、沖縄を代表する泡盛をベースとしたカクテルの開発・普及を図る「THE泡盛カクテル推進協議会」を設立した。2日、県庁で記者会見を開いた。

 協議会会長に就任した大城勤県酒造組合副会長は「県内外で泡盛の需要を拡大させるため、沖縄を代表する泡盛カクテルを一般公募して、泡盛の普及促進に努めたい」と話した。

 先月25日に設立された同協議会は、泡盛の総出荷量が11年連続で減少し若者の泡盛離れが指摘される中、新たなブームを巻き起こす起爆剤として泡盛を使用したカクテルの開発・普及に取り組む。

 協議会には県酒造組合のほか、泡盛マイスター協会や県飲食業生活衛生同業組合、県ホテル旅館生活衛生同業組合など計8団体で構成する。

 9月2~20日まで泡盛ベースのカクテルレシピを募集する。問い合わせは協議会事務局☎098(862)8285。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:9月2日(金)15時29分

琉球新報