ここから本文です

静養中の志村けんが岡村隆史に伝える「ぼちぼちやっていく」

東スポWeb 9月2日(金)13時18分配信

 ナインティナインの岡村隆史(46)が静養中の志村けん(66)から電話連絡をもらったことを自身がパーソナリティーを務める「岡村隆史のオールナイトニッポン」の2日未明の放送で明かした。

 1日に連絡がきたという岡村によると、肺炎で入院した志村の容体は「体調も良くなってきて、散歩したりしている」とのことで回復に向かっているようだ。

 志村が「大丈夫なんだけど、ちょっとビックリした。やっぱり病院なんかで入院するのも初めてだったけど、元気が出ない。舞台を休むってことも初めてだったし、こんなに長いこと仕事休むの初めてだったから…。なんとかまた、ぼちぼちやっていくんで、ご迷惑をおかけしました」などと岡村に伝えたという。

 入院中の看護師についても聞いたそうで志村は「担当がそれなりにアダルトな人だったからね」と笑っていたとのこと。

 8月19日に緊急入院した志村は同31日、都内の病院から退院。仕事復帰のメドはまだ立っておらず、しばらくは自宅で静養する予定だ。

 志村は同日、自身の公式ブログで退院を報告。座長公演の舞台「志村魂」を一部中止したことに触れ「大阪新歌舞伎座の公演来られる予定の方本当にすいませんでした 次の機会に必ず 頑張りますので なかなか連絡出来なくて ずっと病院で安静してました」と謝罪していた。

最終更新:9月2日(金)13時26分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。