ここから本文です

サッカー=日本、W杯アジア最終予選は黒星発進 UAEに敗れる

ロイター 9月2日(金)9時7分配信

[1日 ロイター] - サッカーの日本代表は1日、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選の初戦でアラブ首長国連邦(UAE)と対戦し、1─2で敗れた。

B組の日本は前半11分、清武弘嗣のFKから本田圭佑のヘッドで先制。しかし、同20分にアハメド・ハリルにFKを直接決められて同点とされると、後半9分にはハリルにPKを決められて逆転された。

その後、日本は岡崎慎司がクロスバー直撃のシュートを放ち、後半32分には途中出場の浅野拓磨がゴールラインを割ったように見えるシュートを放ったもののゴールは認められず、逆転負けを許した。

B組ではそのほか、オーストラリアがイラクに2─0で勝利。サウジアラビアはタイを1─0で下した。

最終更新:9月2日(金)9時7分

ロイター