ここから本文です

『AIR』OPムービーやPS Vita版の特徴が公開、外伝小説「初空の章」がビジュアルノベル化されて収録

インサイド 9月2日(金)16時31分配信

プロトタイプは、PS Vita『AIR』に関する情報を公開しました。

『AIR』は、ビジュアルアーツのゲームブランド「Key」より、2000年にPCソフトとして発売された恋愛アドベンチャーゲームです。本作は「親子の愛」をテーマとしたシナリオが特徴で、泣きゲーと呼ばれることも。また、「鳥の歌」「夏影」「青空」などの楽曲も有名な作品です。

【関連画像】

今回は、OPムービーやPS Vita版の特徴、そしてゲームに登場するキャラクターの情報が公開されています。

◆OPムービー
https://www.youtube.com/watch?v=vrOcqetSVEs

◆PS Vita版の特徴

■外伝小説「初空の章」を収録
本作では、涼元悠一氏が執筆した『AIR』の外伝小説「初空の章」がビジュアルノベル(フルボイス)化して収録されており、同時に樋上いたる氏による描き下ろしのビジュアルも加えられています。この「初空の章」では、千年前の夏を描く「SUMMER 編」の前日譚、神奈と裏葉の出会いが描かれています。

●「初空(はつぞら)の章」文:涼元悠一
初めて神奈と裏葉が顔を合わした日。
偶然であれ、必然であれ、二人は出会った。
そしてその日から過去編への運命の輪がまわりはじめたのだ。
そう、あの夏の空に向けて……

■CGのカラーリング再調整
本作では、移植ラインナップ最高の960×544ピクセルに対応。また、PS VitaにあわせてCGのカラーリングが再調整されています。

■タッチスクリーン&PS Vita TV
従来のボタン操作に加え、メッセージ送り・選択肢の決定・早送り&巻き戻し・選択肢ジャンプなどの機能がタッチスクリーンにも対応。また、PS Vita TVにも完全対応しています。

■おまけコンテンツ「壁紙集」
おまけコンテンツとして「壁紙集」が登場。「壁紙集」には、PS Vitaのホーム画面用にデザインされた壁紙が収録されています。なお、壁紙は最初から使えるもののほか、特定のストーリーを読むと使えるようになるものも。

◆物語&登場キャラクター

■Story
その町には夏が訪れていた。

人形を操るひとりの青年。
その周りには子供がふたりだけ。
観客の興味を引くには、青年の芸は退屈すぎた。
子供たちは興味を失い、その場を走り去った。

青年は旅のひと。
彼の道連れはふたつ。
手を触れずとも歩き出す、古ぼけた人形。
「力」を持つ者に課せられた、はるか遠い約束。

そんな彼に、話しかけるひとりの少女。
人なつっこく、無邪気に笑う。

彼女との出会いをきっかけに、
この土地での暮らしが始まる。

夏の情景に包まれて、穏やかに流れる日々。
陽射しの中で繰り返される、少女たちとの出会い。

夏はどこまでも続いていく。
青く広がる空の下で。
彼女が待つ、その大気の下で。

■「国崎 往人(くにさき ゆきと)」声:緑川 光
少年時代に亡き母から託された言葉の意味を求め、旅を続ける若者。
手を触れもせず人形を動かす不思議な大道芸で、路銀を稼ぎながら旅を続けている。バス代が尽きて立ち寄った小さな田舎町で、思いもかけずに足止めを食らう。
観鈴が言うには「目つきがすごく怖い」。態度はぶっきらぼうで、物言いはかなり尊大ではあるが、本当は心優しい青年。
商売道具の人形を無くして困っているところ、観鈴と出会う。

■「神尾 観鈴(かみお みすず)」声:川上 とも子
往人が最初に出会う少女。
舞台となる海辺の田舎町の学校に通っており、母親の晴子と二人、一軒家で暮らしている。
仕事で忙しい母親に代わり家事を切り盛りしている。
ちょっと天然系だが素直で優しい少女。いつでも元気に笑っている。そして強い子。
神尾家に居候することになった往人は、彼女がいつも一人でいることに気がつく……。

■「霧島 佳乃(きりしま かの)」声:岡本 麻見
右手に黄色いバンダナを巻いた、明るく元気な少女。
舞台となる海辺の田舎町に古くから開業している霧島診療所の次女。両親はすでに他界しており、現在は医者で霧島診療所を営む姉の聖と二人暮らし。
クラスメイトから「かのりん」と呼ばれ、結構友人は多い。
動物好きで、学校では飼育委員をしている。
いつも連れている謎の生物(犬?)「ポテト」とは親友。

■「遠野 美凪(とおの みなぎ)」声:柚木 涼香
長身美麗な少女。学校では天文部に所属。
感情を表に出さない物静かな性格の上に、かなりおっとりでマイペースなため、底知れない印象を周囲に与えている。
しかし、実際には温和な性格をしており、内には深い母性愛を秘めている。廃線で無人となった駅舎で年の離れた親友「みちる」と一緒にいることが多い。

■「みちる」声:田村 ゆかり
一切の素性が定かではない元気いっぱいな少女。
美凪の親友で、彼女を心から慕っており、いつも駅で一緒に遊んでいる。美凪に教えてもらったシャボン玉遊びが大好き。
往人に会うなり「誘拐魔」と断定し、その後数多の戦いを繰り広げることになる。

■「霧島 聖(きりしま ひじり)」声:冬馬 由美
佳乃の姉で、霧島診療所の医師。
キャリアは浅いが医者としての腕は悪くない。
妹に対しては「超」が付くほどの過保護で、極端な行動に走ることも少なくない。

■「神尾 晴子(かみお はるこ)」声:久川 綾
自堕落な生活を常とする、観鈴の母親。
学生の観鈴とは生活時間がまるで合わず、すれ違いの毎日を過ごしている。
酒を飲むことが今のところ一番の幸せ。

■「ポテト」
「ぴこ」という鳴き声の謎の生物(犬?)。佳乃と仲がいい。

■「神奈備命(かんなびのみこと)」声:西村 ちなみ
神の使いとして崇められている「翼人」の少女。
身分こそ高いが、時の権力者に利用されるばかりで、軟禁状態に置かれている。

■「裏葉(うらは)」声:井上 喜久子
神奈に仕える女官で、神奈のことを心から慕っている。
物腰は柔らかいが、とてもマイペース。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
PS Vita『AIR』は2016年9月8日発売予定。価格はパッケージ版が4,800円(税別)で、DL版が3,981円(税別)です。

(C)2016 Key/VisualArt’s/PROTOTYPE

最終更新:9月2日(金)16時31分

インサイド