ここから本文です

<服部半蔵忍者隊>主君・徳川家康と日本科学未来館に見参! “忍者展”の魅力アピール

まんたんウェブ 9/2(金) 21:13配信

 忍者のコスチュームで愛知県の魅力をアピールする「徳川家康と服部半蔵忍者隊」が2日、日本科学未来館(東京江東区)で開催中の企画展「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」(10月10日まで)に登場。「手裏剣打ち」や跳躍力を鍛える「ヒマワリ跳び越え」などの“忍者修行”が体験できるコーナーで、見事な忍び足や跳躍力を披露し、忍者の魅力をPRした。

【写真特集】これが忍者だ! 家康もご満悦?

 「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」は、三重大学による学術研究を踏まえ、「心・技・体」の修行を体験しながら“真実の忍者”を科学的に迫る企画展。「手裏剣打ち」や「忍び足」などの修行体験ができるコーナーをはじめ、さまざまな展示を通じて、忍者の知識や技を科学的に学ぶことができる。

 忍者隊は、服部半蔵を含む7人の忍者と、その主君で名古屋の魅力を発信する「名古屋おもてなし武将隊」の徳川家康の計8人で構成。2015年7月に発足し、名古屋城(名古屋市西区)などでパフォーマンスを披露している。

 この日は徳川家康と服部半蔵ら3人の忍者が来場。忍(しのび)たちのパフォーマンスに主君・徳川家康は「改めて忍たちに尊敬の念が湧いた」と満足そうで、「忍には技術、科学も大切なんじゃ。本当の忍のものがどういう生態であったか、科学的に検証するとどれだけ難しいか、学んでおくと、今後の現世の生活でも役に立つぞ!」と同展をアピールした。

 

 「The NINJA -忍者ってナンジャ!?-」は、家族連れやカップルなどに人気を集め、8月26日には来場者10万人を突破している。

最終更新:9/3(土) 19:33

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]