ここから本文です

「元気なところを見せられた」申ジエが首位発進で快気をアピール!

ゴルフ情報ALBA.Net 9月2日(金)19時34分配信

<ゴルフ5レディス 初日◇2日◇ゴルフ5カントリー美唄コース (6,364ヤード・パー72)>

【関連】初日のプレーを振り返る!女子プロLIVE写真館

 賞金ランク2位の笠りつ子をはじめ、キム・ハヌル(韓国)、菊地絵理香ら上位勢が軒並み欠場している「ゴルフ5レディス」。そんな中4試合ぶりの出場となる同4位の申ジエ(韓国)が首位発進を見せた。

 ジエは出場予定だった「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」を左肩痛のため欠場。元々その後の2週間はオープンウィークとする予定だったため、計3週間をツアーから離れていた。

 久々の試合の初日に、トーナメントコースレコードタイとなる“65”の大爆発。「ショットは70%くらいだったけど、パターは95%くらい満足できる出来だった」と納得のラウンドとなり、何よりも「久々にコースに来たらみんなに身体を心配してもらいました。元気だというところを見せられて良かった」と快気アピールできたことが喜んだ。

 休み期間中は、怪我の治療とともにショートゲームの強化を重点を置いて過ごした。打ち込みだけでなく、イメージトレーニングも行うなど後半戦に向けて調整を重ねた。仕上げたアプローチが活きたのは16番。ピンまで14ヤードのラフから50度でチップインバーディで奪取した。

 来週はいよいよメジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」。その後も「日本女子オープン」などツアーもいよいよ佳境に入っていく。「9月から大きな試合が続くので、もっと頑張らないと」。さらに磨きをかけた世界屈指のショートゲームを武器に、後半戦のビッグタイトルを見据えて戦っていく。

(撮影:秋田義和)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9月2日(金)19時34分

ゴルフ情報ALBA.Net