ここから本文です

PS4『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』ダウンロードコンテンツ第4弾“Salvation”の配信が決定!

ファミ通.com 9月2日(金)12時41分配信

●『コール オブ デューティ』シリーズ公式Twitterアカウントも開設!
 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは、発売中のプレイステーション4用ソフト『コール オブ デューティ ブラックオプスIII』について、ダウンロードコンテンツパック“コールオブ デューティブラックオプスIII DLC PACK 4 Salvation”を、2016年9月7日よりPlayStation Storeにて販売開始する。

 また、同社が運営する『コール オブ デューティ』シリーズ公式Twitterアカウントも開設された。

 以下、リリースより。

----------

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア※1(SIEJA)は、PlayStation4 (PS4)用ソフトウェア『コールオブ デューティブラックオプスIII』について、日本国内に向けて下記の通りお知らせいたします。

 好評発売中の『コールオブ デューティブラックオプスIII』PS4版に対応した、マルチプレイヤーモード追加マップ4種とゾンビモード追加マップ1種を含んだダウンロードコンテンツ(DLC)パック『コールオブ デューティブラックオプスIII DLC PACK 4 Salvation』を、2016年9月7日(水)よりPlayStation Storeにて販売いたします。ついに審判の日が描かれるゾンビモード最終章や、多彩な追加マップにどうぞご期待ください。

 こちらのDLCは、販売中の『コールオブ デューティブラックオプスIII シーズンパス』に含まれる4つの追加コンテンツのうちのひとつとなります。シーズンパスを購入済のお客様は、改めて購入される必要はございません。重複購入にご注意下さい。

 詳しくは、本作プレイヤーズインフォメーションをご確認下さい。
※『コールオブ デューティブラックオプスIII』プレイヤーズインフォメーション

 またSIEJAは「CoD」シリーズの最新情報を紹介するTwitterアカウントを開設しました。11月4日(金)に発売となる『コールオブ デューティインフィニット・ウォーフェア』の最新情報なども随時紹介して参ります。

※Call of Duty SIEJA公式アカウント(@CoD_SIEJA)


■『コールオブ デューティブラックオプスIII DLC PACK 4 Salvation』概要
配信日:2016年9月7日(水)
価格:1,600円+税
収録コンテンツ:
マルチプレイヤーモード追加マップ 「Outlaw」
マルチプレイヤーモード追加マップ 「Citadel」
マルチプレイヤーモード追加マップ 「Rupture」
マルチプレイヤーモード追加マップ 「Micro」
追加ゾンビエピソード「Revelations」
備考:本商品は、『コールオブ デューティブラックオプスIII シーズンパス』に含まれる4つのDLCの内のひとつです。

【ゾンビモードに関して】
 本作のゾンビモードでは「Origins」のメンバーたちが、ゾンビアポカリプスを止めるため、これまで数々の異世界で戦ってきました。彼らはついに、誰が彼らの運命の糸を引いていたのかを知ることになります。

【マルチプレイヤーモードに関して】
 本DLCパックでは以下の4つの新しいマルチプレイヤーモード用マップが追加されます。

(1)「Outlaw」: 『コールオブ デューティブラックオプスII』で人気を博した「Standoff」をウェスタン風に再構築したマップ。

(2)「Citadel」:古来の高くそびえる城。かつての権力の座も、見捨てられ、草が一面を覆い茂っている。

(3)「Rupture」:地球の大気を浄化するために、未来の技術を用いて設計されたハイテク施設。

(4)「Micro」:一般的な家庭向けピクニック用テーブルの上にある、小型の戦闘区域。

※1株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントのディビジョンカンパニーとして日本およびアジア各国・地域のセールス&マーケティングを担当。

最終更新:9月2日(金)12時41分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。