ここから本文です

史上最小サイズを実現したA4複合機「EP-879A」など、最新カラリオの特徴まとめ

ITmedia PC USER 9月2日(金)0時10分配信

 エプソンは9月1日、家庭向けインクジェトプリンタ「カラリオ・プリンター」シリーズの最新モデルとして、スタイリッシュなデザインに生まれ変わったA4複合機「EP-879A」をはじめとする5機種7モデルを発表した。また、写真印刷に適したK2インクを採用するColorio V-editionシリーズにA4複合機「EP-30VA」を追加したほか、2年分のインクを付属するエコタンク搭載モデルのラインアップを拡充、A4複合機の「EP-570T」も投入している。

【カラリオ複合機史上、最小のボディー】

●カラリオ複合機史上最小の「EP-879A」、インテリアになじむ新デザインに

 6色染料インクを採用したA4複合機「EP-879A」は、本体サイズが約349(幅)×340(奥行き)×142(高さ)mmのコンパクトなボディーが特徴。従来機(EP-808A)との比較で横幅を41mm削減し、設置面積は約42%小さくなっている。カラリオ複合機史上最小のコンパクトボディだ。また、フラットな天板と曲線を取り入れたフォルムの外観は、OA機器にありがちな“継ぎ目”を極力排除し、360度どこから見ても自然とインテリアになじむデザインになっている。

 同社の調べによると、プリンタを購入する際の決め手になるのは、価格に次いで本体サイズが重要な項目になるという。このためEP-879Aでは内部構造から設計を見直し、紙送り機構の配置とヘッドの稼働領域を最適化したほか、新しいインクカートリッジによるレイアウト変更によってコンパクト化を実現した。

 また、新インクの搭載により写真画質も向上した。具体的には、グリーン領域のガマットを拡大し、森など緑が多い写真がより立体的に表現できるようになっている。写真補正機能の「オートフォトファイン!EX」および「Epson Color」にも引き続き対応し、「失敗しない写真プリント」(同社)を手軽に楽しめるのもウリだ。

 このほか、作品を選ぶ際に便利な機能として、焦点距離や露出などのExif情報に加え、出力したプリンタ名や印刷品質をプリントに印字する「撮影情報付き印刷」、写真をフレームに入れたようにあえてフチあり印刷する「余白・余黒印刷」を搭載。また、画像処理プロセッサを刷新することで、地色(紙)を除去してコピーしたり、等高線のような細い線を失わずにコピーする機能が強化されている。

 ユーザーインタフェースやメンテナンス性も向上している。新しい液晶操作パネルでは、文字の階調性を16段階に引き上げて視認性を確保しつつ、機能別にタブ分けすることでよく使う機能に素早くアクセスできるようになったほか、画面遷移を減らすUIに変更。また、割り付け設定をビジュアルで伝えるなど、直感的に操作できるようになっている。

 さらに今回、ユニークなスマホ連携機能として、EP-879Aと接続されたUSBメモリやSDメモリーカード、外付けHDDなどに写真を保存し、スマホアプリ「Epson Photo Library」から閲覧や印刷ができる簡易フォトストレージ機能を用意したのも目を引く(10月中旬提供予定)。このほか、ラッピングやブックカバーに活用できるパターン印刷を本体だけで出力できる「デザインペーパー印刷」機能も搭載する。

 「いままでのプリンタにはない新しい発想をコンパクトなボディーにつめこんだ。プリンタの新たな楽しみ方を感じてほしい」(セイコーエプソン常務執行役員プリンター事業部長 久保田氏)。

●ときどきA3の「EP-979A3」、実売1万円台前半の「PX-049A」など

 新カラリオの主力となるEP-879A以外では、6色染料インク搭載のA3対応機「EP-979A3」と、A4対応多機能複合機「EP-709A」、A4複合機「PX-049A」、そして宛名達人「PF-81」に「年賀状デザイン集 2017」を付属した2016年モデル(PF-81 2017)が発表された。

 “ときどきA3”がコンセプトのEP-979A3は、A3用紙を二つ折りにし、表裏を2回スキャンすることで、PCなしでA3原稿をコピーできるように強化された(従来はPC経由のみ)。このほか、「撮影情報付き印刷」や「ましかく印刷」、コピー機能の強化など、EP-879Aで加わった新機能も一部搭載している。

 EP-709Aは新6色染料インクを採用し、写真画質を向上。また、L判(1枚)の印刷速度が従来機(EP-708A)より2秒短縮した17秒に高速された。一方、顔料インクの採用によりハガキや文書印刷に適したPX-049Aは、液晶ディスプレイが非搭載ながら、ボタン操作でコピー枚数を指定できる「部数指定コピー」(20枚まで)に対応している。

●エコタンクの不満を解消する新モデルと、V-editionの下位モデルが登場

 エコタンク搭載モデルにも新機種が登場した。エコタンクは、本体に2年分のインクを付属し、「気兼ねなく印刷できる」をコンセプトにインク交換の手間やランニングコストを大幅に低減したシリーズ。消耗品のインクカートリッジで利益を上げるビジネスモデルの転換点として注目され、主にSOHO/SMBを中心に好評を博している。

 ただし、同社が行った調査によると、現行機の不満点として本体サイズの大きさ(ボトル注入式のインクタンクが本体側面に張り出している)や機能の少なさが挙げられているという。そこで今回投入したエコタンク搭載A4カラー複合機「EP-M570T」では、2年間インク追加購入不要の特徴を引き継ぎつつ、現行機(EW-M660FT)よりも横幅を70mm短縮。さらにエコタンク搭載モデルとして初めてSDメモリーカードスロットを搭載し、フチなし印刷に対応。インクタンクを斜めに配置することで、インクの注ぎやすさも改善している。

 インクはシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4色染料インクを採用。本体に各色2本のインクボトルを付属し、A4カラー文書で約7500枚、A4モノクロ文書で4500枚印刷できる。

 一方、写真を低ランニングコストで印刷したいというニーズに向けて、Colorio V-editionシリーズのラインアップも拡充。A4複合機「EP-30VA」を追加している。従来から展開しているA3対応の「EP-10VA」とあわせて、「高画質を気兼ねなく」という価値提案を推し進めるのが狙いだ。

 EP-30VAは、EP-10VA同様、幅広い色域と階調表現を実現する「Epson ClearChrome K2インク」(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの基本色にレッドとグレーを加えた6色染料インク)を採用。通常の6色機に比べて色再現性を大幅に向上しているのが特徴だ。

 EP-10VAで評価の高い作品印刷機能(明るさやコントラスト、色調などの補正を適用し、色見本として一覧出力)や、撮影情報付き印刷など写真を作品に仕上げる機能を継承しつつ、L判1枚当たりのコストを12.7円、インク1セット当たりの価格を4740円と、EP-808A(L判1枚当たり20.6円/インク1セット当たり7330円)に比べてランニングコストを大幅に低減している。

 新モデルと消耗品の価格および発売時期は以下。インクジェットプリンタ全体で年末目標シェア45%以上を目指す。

最終更新:9月2日(金)0時10分

ITmedia PC USER