ここから本文です

タガノヴァン初陣Vに向けスタンバイ完了 近親に名牝ベガの良血

デイリースポーツ 9月2日(金)6時3分配信

 「新馬戦」(4日、小倉)

 近親に93年桜花賞、オークスVのベガを持つ良血馬タガノヴァン(牡、父ハービンジャー、栗東・五十嵐)が日曜小倉5R(芝1800メートル)でデビューを迎える。最終追いは栗東CWで6F85秒7-39秒9-12秒9をマーク。五十嵐助手は「本数はこなしているし、態勢は整ったかな」と胸を張った。

 入厩後は着実に成長を遂げてきた。「(気性は)前向き過ぎるぐらい。気持ちと体のバランスが取れていない部分もあるけど、能力はあるよ。ゲートも速いし、出たなりでじっくり運んでほしいね」と好展開を描き、期待を込める。本番を見据え、「しっかり走れば勝ち負けできる」と語気を強めた。最終週の小倉で存在感を見せつける。

最終更新:9月2日(金)7時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ