ここから本文です

170人元気な姿 郡山で富岡町敬老会 金婚夫婦を表彰

福島民報 9/2(金) 10:15配信

 東京電力福島第一原発事故で全町避難が続く富岡町の敬老会は1日、福島県郡山市の迎賓館グランプラスで開かれた。席上、福島民報社と県老人クラブ連合会の「しあわせ金婚夫婦表彰」が行われ、結婚から50年を迎えた夫婦をたたえた。
 県内外で避難生活を送る70歳以上の町民を招待し、約170人が参加した。宮本皓一町長が「元気な姿を拝見し、うれしく、感激している。古里・富岡町の再生、発展、住民の生活再建、心の復興にまい進する」とあいさつ。福島民報社の佐藤研一取締役郡山本社代表と町老人クラブ連合会の秋元俊男副会長が金婚夫婦代表の鈴木武利さん(74)・文子さん(72)夫婦に賞状と「おしどり金メダル」を手渡した。
 塚野芳美町議会議長、吉田栄光県議が祝辞を述べた。アトラクションで民謡歌手の大塚文雄さんのコンサートが開かれた。
 町の敬老会は8日にはいわき市で開かれる。

福島民報社

最終更新:9/2(金) 11:43

福島民報