ここから本文です

日産 新型GT-R、新日鉄住金のチタン合金をマフラーに採用

レスポンス 9月2日(金)13時30分配信

新日鉄住金は、同社のチタン合金「スーパータイエックス10CU」が日産 新型『GT-R』のエキゾーストシステムに採用されたと発表した。

[関連写真]

スーパータイエックス10CUはチタンに1.0%の銅(Cu)を添加し、酸素を低減した新日鉄住金独自のチタン合金で、純チタンと同等の室温加工性を持ちながら、優れた高温強度も兼ね備える。排気系部品としての加工性向上と耐熱性、チタン化による軽量化が評価され、純正部品での採用となった。

チタンは、軽く、強く、耐食性に優れるといった様々な特徴を持つだけでなく、チタンエキゾーストシステムによる心地よいエンジンサウンドを楽しむ付加価値もある。新日鉄住金では、今後も二輪車および四輪車へ、チタン製品の適用拡大を進めていく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月2日(金)13時30分

レスポンス