ここから本文です

レヴァークーゼンのブラジル人DFが武藤嘉紀の同僚に マインツへのレンタル移籍が決定

GOAL 9月2日(金)3時10分配信

日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツは8月31日、レヴァークーゼンからブラジル人DFアンドレ・ラマーリョ(24)を1年のレンタルで獲得したことを発表した。マインツ側は同選手の買い取りオプションも確保したようだ。

レッドブル・ブラジルの下部組織育ちのラマーリョは、2011年にレッドブル・ザルツブルクのユース部門に渡り、2013-14シーズンからそのトップチームに昇格。2015年夏にはレヴァークーゼンに移籍し、公式戦25試合に出場するも、レギュラーの座をつかみきれないでいた。

マインツのルーヴェン・シュレーダーSD(スポーツディレクター)はクラブの公式ウェブサイトで、ボランチやサイドバックもこなせるラマーリョを「アグレッシブで力強い身体を持ち、運動量豊富なうえにポジショニングセンスが長けているプレーヤー」と紹介している。「素晴らしいキャラクター、チームプレーヤー」の獲得を喜んだ。

背番号22をつけるラマーリョは、「今シーズン、このクラブで自分の力を示したい」と意気込み、「ここでみんなと成功をつかめることを確信しており、そのために貢献したい」とコメントしている。

GOAL

最終更新:9月2日(金)3時10分

GOAL