ここから本文です

推理ボードゲーム「クルー」を米20世紀フォックスが映画化

映画.com 9月2日(金)19時30分配信

 [映画.com ニュース] 米20世紀フォックスが推理ボードゲーム「クルー」の映画化準備を始めたと、Tracking Boardが報じた。

 「クルー」は、プレーヤーが殺人事件の犯人を推理するボードゲームで、イギリス人のアンソニー・アーネスト・プラットが「クルード」として考案。アメリカでは「クルー」としてハスブロが販売している。1985年には「殺人ゲームへの招待」として映画化され、ヒットには至らなかったものの、3種類あるエンディングが話題を集めた。

 当初、同ボードゲームの映画化に関しては、ユニバーサルが「パイレーツ・オブ・カリビアン」のゴア・バービンスキー監督作として企画開発を進めていたが、2011年に頓挫。20世紀フォックスはこのほど、ハスブロの映像制作会社ハスブロ・スタジオと共同で新たに企画開発をすることになった。

 ちなみに、ハスブロの玩具の原作映画には、「トランスフォーマー」と「G.I.ジョー」があり、現在は、「クルー」のほかに、「モノポリー」「キャンディランド」などの企画開発が進められている。

最終更新:9月2日(金)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。