ここから本文です

<双星の陰陽師>新キービジュアルに十二天将ずらり PSVita用ゲームも発売

まんたんウェブ 9月3日(土)0時0分配信

 助野嘉昭さんのマンガが原作のテレビアニメ「双星の陰陽師」(テレビ東京系で放送中)の新たなキービジュアルが3日、公開された。アニメは、8月31日の放送から完全オリジナルストーリーの新章「列島覇乱篇」に突入しており、新たなビジュアルには、“双星の陰陽師“である主人公・焔魔堂ろくろとヒロイン・化野紅緒が描かれているほか、新章に登場する最強の陰陽師集団・十二天将のメンバー12人が勢ぞろいしている。

【写真特集】ろくろが格好いい 可愛い紅緒も 新規カットも公開

 また、同作のPSVita用ゲームがバンダイナムコエンターテインメントから発売されることも分かった。オリジナルストーリーで、発売日などの詳細は今後、発表される。

 「双星の陰陽師」は、アニメ化もされたマンガ「貧乏神が!」の助野さんのマンガで、2013年11月から「ジャンプSQ.」(集英社)で連載中。陰陽師の夫婦に与えられる“双星”の称号を得た主人公・ろくろとヒロイン・紅緒が、異世界の化け物・ケガレと戦う姿が描かれている。アニメは「おそ松さん」などのstudioぴえろが制作している。テレビ東京系で毎週水曜午後6時25分に放送中。

最終更新:9月3日(土)0時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。