ここから本文です

渋谷ヒカリエの「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」で「秋の収穫祭」-新作5種 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月2日(金)12時4分配信

 渋谷ヒカリエShinQs地下2階の「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」で9月2日(金)より、サツマイモや栗など、秋の味覚を使った新作パンを展開する「秋の収穫際」が行われる。(デパチカドットコム)

アールグレイとホワイトチョコを練り込んだ食パン

 初日から登場する新作パンは4種類。デニッシュ生地にアールグレイティーとホワイトチョコレートを練りこんで焼き上げた「アールグレイとホワイトチョコのデニッシュ食パン」(1,620円)や、鳴門金時のペーストとダイスカットを練り込み、小さな子どもでも食べやすいよう優しい味わいに仕上げた「鳴門金時とメープルのパンドミ」(410円)を販売。ジョエル・ロブションのレストランで提供していたメニューからインスパイアされたという「フォアグラと林檎(りんご)のフィユテ」(486円)は、フォアグラのテリーヌにキャラメリゼしたリンゴを合わせ、クロワッサン生地で包んだパン。

 店頭では、甘味のある熊本産の和栗をぜいたくに使った同店限定「熊本産和栗のパウンドケーキ」(540円)も販売する。ブランデーが香る大人向けのスイーツだ。

 10月1日(土)からは、「インカのめざめ」で作ったジャーマンポテトを黒ビールで発酵させ、やわらかい生地で包んだ新作「ポテトとベーコンのパン」(399円)も販売。ベーコンの塩味がジャガイモの甘味を引き立て、ビールなどのお酒のおつまみにも合うという。

 会期は12月1日(木)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月2日(金)12時4分

みんなの経済新聞ネットワーク

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。