ここから本文です

秦基博から天才へ!想いが詰まった主題歌にトリハダ

Movie Walker 9/2(金) 7:00配信

天才棋士・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、ガンによって29歳の若さで亡くなった実在の棋士・村山聖。病と闘いながら将棋に全人生をかけた男の一生を描く『聖の青春』(11月19日公開)の主題歌が秦基博の「終わりのない空」に決定した。

【写真を見る】松山ケンイチが29歳の若さでこの世を去った天才を熱演

さらに村山聖を演じる松山ケンイチ、村山のライバル・羽生善治役の東出昌大、村山の弟子・江川貢に扮する染谷将太をはじめとする実力派の熱演も話題の本作から新たな予告映像が解禁!

主題歌を手掛けた秦は「主題歌のお話をいただき、村山聖さんの話ということで気合いが入りました。映画を拝見し、将棋を通した魂のぶつかり合い、聖の病気という困難に直面しながらも、夢に突き進んでいく姿に感動をおぼえました」と村山の一生に感銘を受けたことを明かした。

さらに秦は書き下ろしの楽曲「終わりのない空」について「エンドロールに流れることをイメージしながらまず曲を、そしてアレンジを考えていきました。歌詞は原作を読み進めながら構想をねっていきました。サビには聖の一瞬に命を燃やし、全身全霊でぶつかっていくさま、そして彼が手記に遺した『人間は悲しみ、苦しむために生まれた。それが人間の宿命であり、幸せだ』という言葉からくみ取った思いを込めています」と語っている。

予告映像は、燃え上がるような村山の生きざまを垣間見ることのできる多くのシーンとともに、秦の歌声が力強くマッチしており感動をさそう内容になっている。村山に魅せられた秦が仲間として新たに力を注ぎこんだ『聖の青春』。“将棋界の怪童”が駆け抜けた一生を目に焼きつけたい。【Movie Walker】

最終更新:9/2(金) 7:00

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]