ここから本文です

ハイレゾ配信サービス「KRIPTON HQM」にて、MQA方式の音楽配信開始

アスキー 9月2日(金)18時44分配信

クリプトンが同社のハイレゾ配信サービス「KRIPTON HQM」において、新配信フォーマット「MQA」方式でエンコーディングした楽曲の配信を10月1日より開始すると発表した

 クリプトンは8月29日、同社のハイレゾ配信サービス「KRIPTON HQM」において、新配信フォーマット「MQA」方式でエンコーディングした楽曲の配信を10月1日より開始すると発表した。
 
 MQAとは、情報量の多い音声ファイルを、CD並みのコンパクトなサイズにロスレスで圧縮する「オーディオ折り紙」と呼ばれる独自技術を採用したフォーマット。
 
 KRIPTON HQMでは、オリジナルスタジオマスター・シリーズを中心に選りすぐりのハイレゾ音源をMQA化し、順次配信していくという。第1弾は、カメラータ・トウキョウのクラシック・アルバム8タイトル、およびHQMで大きな人気を集めているチューリップの「チューリップ・ガーデン1」と、女性ジャズ・ボーカリストのウィリアムス浩子のアルバム「a time for Ballads」だ。
 
 HQMのMQAアルバムの音を楽しむには、MQAデコーダを搭載した機器が必要。Mytek、Meridian Audio、Pioneer、Onkyo、BluesoundなどからMQA対応機器が発売中とのこと。
 
 
文● 山口

最終更新:9月2日(金)18時44分

アスキー