ここから本文です

クアルコムがスタンドアローン動作するVR HMD「Snapdragon VR820」などをお披露目

アスキー 9月2日(金)19時0分配信

クアルコムはIFA 2016開幕前の9月1日、ドイツ・ベルリン市内でプレスカンファレンスを開催。単体動作するVR HMD開発プラットフォーム「Snapdragon VR820」などを発表した。
 クアルコムはドイツ・ベルリンで開催のIFA 2016に先立ち、9月1日にベルリン市内でプレスカンファレンスを開催。VR HMDの開発プラットフォームや、同社が2月に発表したウェアラブル向けのCPU「Snapdragon Wear 2100」を採用したスマートウォッチについて解説した。
 

 VR HMDのプラットフォームとして発表された「Snapdragon VR820」は、本体に「Snapdragon 820」を搭載し、スマホやPCと連携するのではなく単体で動作するスタンドアローンタイプのデバイス。
 
 プレスカンファレンスで紹介されたリファレンスモデルは、Goertek社と共同で開発したもの。アイボールトラッキング用のカメラ(2個)や6DoF(Six degrees of freedom)用フロントフェイスカメラ(2個)、シースルーアプリケーション、マイク(4個)、ジャイロ、加速度計、磁気センサーといった機能を装備。バッテリーも内蔵しており、PCやスマホと接続することなく装着すればそのまま使用できる。
 
 マレー氏は「現状、VRシステムはPCやゲームコンソールと組み合わせて使うタイプ、モバイル機器と組み合わせて使うタイプ、そしてスタンドアローンタイプ」の3つがあるとし、「ユーザーの使い勝手からすると、スタンドアローンタイプが本流となっていく」と解説。スタンドアローンタイプのVR HMDといえば、インテルも同社の開発者向けイベントのIDFで「Project Alloy」を発表し、俄然注目度が上がっているジャンルの製品だ。
 
 「Snapdragon VR820」はあくまで開発プラットフォームで、カンファレンス会場で展示していた製品もリファレンスモデルだ。そのためクアルコムからこの製品が直接販売されるわけではないが、今後このリファレンスモデルをもとに、各社からスタンドアローンタイプのVR HMDが数多く登場することが予測される。
 
 さらにウェアラブルについては、アメリカの時計ブランドFossilが同社のスマートウォッチに「Snapdragon Wear 2100」を採用すると発表。ちなみに同じくIFA 2016でASUSが発表した「ZenWatch 3」も採用している。
 
 これまでクアルコム製のCPUを搭載したスマートウォッチは、スマートフォン向けのCPUをカスタマイズして使用していた。そのため消費電力などに課題があったが、「Snapdragon Wear 2100」は最初からウェアラブル向けに設計されている。そのため、サイズは30%小さくバッテリー消費は25%抑えられるなど、課題がかなり改善されているとのこと。
 
 今回のプレスカンファレンスでは、Wi-FiとBluetoothを統合したコンボチップ「QCA9379」も発表。これはテレビやセットトップボックス向けの通信チップで、Wi-Fiは802.11ac、Bluetooth 4.2に対応。TVやセットトップボックスのネット接続も有線ではなくワイヤレス化が進みそうだ。
 
 さらに4K ultra HDメディアボックスレファレンスプラットフォームも発表。こちらも「Snapdragon VR820」と同じくSnapdragon 820を搭載したシステムで、4K ultra HDストリーミングを手軽に楽しめる製品の普及を後押しする形となる。
 
 クアルコムといえばスマートフォン向けのCPUのイメージが強いが、今回のプレスカンファレンスでは、Snapdragon 820以降のCPUについてのアナウンスはなし。クアルコムはスマホ以外の分野にも力を入れ始めているという印象だ。
 
 
文● 中山智 編集●ASCII編集部

最終更新:9月5日(月)15時11分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]