ここから本文です

ベッケンバウアー氏の自宅など家宅捜索 「使途不明の670万ユーロ」巡り刑事訴訟へ

ISM 9月2日(金)19時38分配信

 スイス検察当局(以下OAG)は現地時間1日(以下現地時間)、2006年W杯招致を巡る不正疑惑で、フランツ・ベッケンバウアー氏(70)の自宅を含むオーストリアとドイツの計8個所を家宅捜索したと発表した。

 OAGはFIFA(国際サッカー連盟)の汚職事件を捜査しており、今回の捜索もその一環。ベッケンバウアー氏とそのほか3人についてすでに刑事訴訟の手続きに入っていると明かした。家宅捜索に加え、様々な関係者の事情聴取も行なっているという。

 問題となっているのは、2005年4月27日にDFB(ドイツサッカー連盟)の口座からFIFAの口座へ送金された670万ユーロ(約9億9000万円:当時)。06年W杯組織委員会はオープニングセレモニーの支払いとしていたが、同日にスポーツ用品メーカー「アディダス」社のCEOだったロベール・ルイ・ドレフュス氏(故人)の口座に同額が振り込まれていることから、OAGはこれが虚偽申告だったとし、実際はルイ・ドレフュス氏に宛てたものとしている。

 なお、独『シュピーゲル』誌(電子版)は昨年10月、この670万ユーロはルイ・ドレフュス氏が招致委員会に融資したもので、その資金がW杯招致に向けた票買収に使われたと報道していた。その真偽はまだ明らかになっていないが、DFBはFIFAに送金すると見せかけて、ルイ・ドレフュス氏に返済したとみられている。

 OAGはベッケンバウアー氏のほか、テオ・ツヴァンツィガー氏、ヴォルフガンク・ニールスバッハ氏、ホルスト・シュミット氏に「賄賂、資金洗浄、管理不行き届き、横領」の疑いがあり、DFBの財務上の損失を招いたとしている。

 選手としても監督としても、W杯優勝を果たした経験を持つベッケンバウアー氏は、ドイツで開催された06年W杯の組織委員長を務め、その翌年からUEFA(欧州サッカー連盟)の代表として、FIFAの理事を務めていた。

 シュミット氏は06年W杯組織委員会の副委員長、ツヴァンツィガー氏はDFB元会長。『シュピーゲル』が疑惑を報じた際のDFB会長はニールスバッハ氏だが、同氏は不正を否定しつつ、昨年11月に「政治的責任を取る」として辞任。現在DFB会長はラインハルト・グリンデル氏が務めている。(STATS-AP)

最終更新:9月2日(金)19時50分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]