ここから本文です

<黒子のバスケ>劇場版「LAST GAME」のビジュアル公開 ドリームチーム誕生

まんたんウェブ 9月3日(土)10時0分配信

 人気バスケットボールマンガ「黒子のバスケ」が原作の劇場版アニメ「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」(2017年春公開)のビジュアルが3日、公開された。「LAST GAME」は、原作者の藤巻忠俊さんが監修し、「黒子のバスケ」の続編「黒子のバスケ EXTRA GAME」に新エピソードを加えた“完全版”となる。ビジュアルには、黒子テツヤや火神大我のほか、赤司征十郎らキセキの世代による“ドリームチーム”が描かれている。

【写真】「黒子のバスケ」舞台版にイケメン続々 黒子役は声優…

 「黒子のバスケ」は、08年12月~14年9月に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されたバスケットボールマンガで、影の薄さを武器にした黒子テツヤや米国帰りの火神大我ら誠凛(せいりん)高校バスケットボール部が日本一を目指して奮闘する姿が描かれた。テレビアニメが3期にわたって放送された。「EXTRA GAME」は、黒子たちと米国チームの対決が描かれた。

 ウインターカップ編の総集編の第1弾「影と光」が3日から劇場公開中。総集編は3部作で、第2弾「涙の先へ」が10月8日、第3弾「扉の向こう」が12月3日に公開される。

最終更新:9月3日(土)10時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。