ここから本文です

【大日本】神谷&大地が世代交代誓う

東スポWeb 9月2日(金)16時32分配信

 大日本プロレス「最侠タッグリーグ」(7日、東京・新木場で開幕)に出場するBJW認定世界ストロングヘビー級王者の神谷英慶(24)と“破壊王2世”橋本大地(24)のコンビが1日、世代交代の加速を誓った。

 7・24両国大会で岡林裕二(33)から王座を奪って勢いに乗っている神谷は「ボクらは目標が明確です。優勝して世代交代をさらに進める。はっきり言って他のチームにはこんな明確な目標はないんじゃないですか?」と宣戦布告。受けた大地も「上の人たちにいつまでも任せていてはいけない。優勝する!」と断言した。

 最侠タッグは16チームがストロングとデスマッチそれぞれA、Bブロックの計4ブロックに分かれて覇を競い合う変則的リーグ戦だ(10・31後楽園で優勝決定戦)。大地は要注意チームとして同じストロングBブロックの曙(47)、浜亮太(36)組を挙げつつ「SMOPはやりにくいけど…三角絞めならいけるかもしれない」と攻略法も明かした。

 2人はそろって決勝戦の相手にデスマッチAブロックの植木嵩行(24)、高橋匡哉(29)組を指名。「若いチーム同士の決勝戦で世代交代を印象づけたい」(大地)。24歳の若いコンビは新たな時代の到来をもたらすことができるか。

最終更新:9月2日(金)16時43分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。