ここから本文です

フランス、3-1でイタリア撃破 W杯予選に向けて弾み/国際親善試合

GOAL 9月2日(金)6時2分配信

1日に行われた国際親善試合、イタリア対フランスの一戦は、3-1でアウェーのフランスが勝利を収めた。

ユーロ2016の後にヴェントゥーラ監督を迎えたイタリアと、継続路線のフランスのフレンドリーマッチ。好スタートを切ったのはフランスだった。

17分、フランスは自陣のポグバからスルーパスが出ると、キエッリーニのミスもあってマーシャルが抜け出す。このチャンスを冷静に沈めて1-0とした。

しかし、イタリアもすぐに反応した。21分、右サイドの深い位置からエデルが折り返すと、ニアに入ったペッレがコントロール。鋭い反転でDFを翻弄して放った左足のシュートは、相手の股を抜けてゴール右に決まった。

それでも、フランスが28分に勝ち越す。CKのこぼれ球をペナルティーエリア内に再び入れると、クルザワがヘディングで出したボールにジルーがダイレクトボレー。見事な決定力で2-1とする。

ワールドカップ予選を控える両チームは、ハーフタイムにメンバーチェンジ。イタリアはドンナルンマ、ルガーニ、モントリーヴォが入り、フランスはパイェとジニャックが投入される。

後半は比較的おとなしい展開となったが、81分にフランスが勝負を決めた。ペナルティーエリア左でパスを受けたクルザワが角度のないところからゴールを狙うと、代表デビューのドンナルンマの裏をかいてそのままゴールネットを揺らしている。

3-1で勝利を収めたフランスは、6日にベラルーシと対戦する。イタリアは5日のイスラエル戦でヴェントゥーラ体制初白星を狙う。

GOAL

最終更新:9月2日(金)6時3分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]