ここから本文です

つま恋、年内で営業終了 ヤマハ、赤字続き改善困難

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月2日(金)21時15分配信

 ヤマハは2日、100%出資子会社ヤマハリゾートが運営する掛川市満水の会員制リゾート施設「つま恋」の営業を12月25日で終了すると発表した。収益性重視の経営方針の中で、ここ数年赤字経営が続き、改善は困難と判断した。跡地利用については「現時点では未定。売却する方向でさまざまな交渉を進めている」と説明した。

 つま恋は1974年に開業した。音楽文化イベントやスポーツ関係の全国的な拠点として支持を集めたが、2008年のリーマン・ショック後、経営が悪化した。

ピークの08年3月期に40億円だった売上高は、16年3月期は31億円まで落ち込んだ。近年は毎年数億円規模の赤字を計上しているという。

 開設から42年が経過し、主要施設の配管や空調設備、厨房(ちゅうぼう)などの老朽化対策などに相応の投資が必要になっている点も、営業終了の判断につながった。

 ヤマハの山畑聡取締役上席執行役員は「経営努力を続けてきたが、高品質なリゾート施設としての将来像が描けない状況。顧客ニーズに応えながら運営を続けるのは難しい」と述べた。

 勤務する正社員119人についてはヤマハグループの中で雇用の継続を図る。法人、個人約6千人の会員からの60億円に上る預託金については全額返還する方向という。

 ヤマハリゾートが運営する袋井市宇刈の宿泊施設「葛城北の丸」と葛城ゴルフ倶楽部は経営を継続する。



 <メモ>ヤマハリゾートつま恋 1974年5月オープン。140ヘクタールの敷地に宿泊、温泉、婚礼、スポーツ、音楽の各施設を備える。総従業員は7月末現在で301人。かつてはポップス音楽の登竜門「ポピュラーソングコンテスト」(ポプコン)の本選会場として、中島みゆきやクリスタルキングなど多くのアーティストを輩出。75年の吉田拓郎&かぐや姫のコンサートは6万5千人を動員した。昨年7月のアミューズ・コンサートが最後の大規模音楽イベントとなった。83年11月には死者14人を出したガス爆発事故も起きた。

静岡新聞社

最終更新:9月4日(日)10時37分

@S[アットエス] by 静岡新聞