ここから本文です

やはりイヤホン端子は廃止!? IFA会場のケースメーカーから新iPhoneのデザインを臆測

アスキー 9月2日(金)22時45分配信

まもなく発表と思われる新型iPhone。通例どおりにiPhone 7という製品名になるのかどうかはともかく、IFAの会場には早くも“iPhone 7”用と称するケース類が多数用意されている。というわけで、今年もIFA会場で見つけたケースから、新型iPhoneの姿を想像することにした。
 9月7日(現地時間)に発表されると考えられる新型iPhone。新モデルはデュアルレンズやイヤホンジャックの廃止といったウワサがネット上で流れているが、ドイツ・ベルリンで開催中のIFA 2016の会場では、スマホケースメーカーが早くも「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」用と“称する”ケースを各種展示していた。
 

基本的にはネットのウワサどおりっぽい
イヤホン端子はやはり無いらしい
 さて、出展中のケースメーカーに取材をしたところ、ほとんどのメーカーが共通で語ったのが、iPhone 7/iPhone 7 Plusについて下記のような特徴があるという内容だ。
 
●全体のサイズはiPhone 6s/iPhone 6s Plusとほぼ同じ
●iPhone 7はカメラレンズの膨らみが拡大
●iPhone 7 Plusはレンズが2つ
●イヤホンジャックは無い
 
 基本的には、現在ネット上に流れているウワサと同じという感じ。手元にiPhone 6sしかなかったので、Plusシリーズの装着テストはできなかったが、iPhone 7のケースにiPhone 6sを入れてみたところ問題なく装着できた。
 
 前モデルとほぼ同じサイズのため、iPhone 7/iPhone 7 PlusのケースにiPhone 6s/iPhone 6 Plusを装着することはできそうだが、その逆はカメラレンズがぶつかるので厳しいようだ。
 
 またイヤホンジャックについては、前モデルも含めてマルチに対応する製品は、基本ジャック用のスペースを空けているが、iPhone 7/iPhone 7 Plus専用の場合は塞いでしまっている製品も多かった。
 
 というわけで、サイズや外観のデザインについてはほぼ変化がなさそうなiPhone 7/iPhone 7 Plus。9月7日の発表会では、スペックや機能の進化が注目のポイントとなりそうだ。
 
文● 中山智 編集●ASCII編集部

最終更新:9月7日(水)21時47分

アスキー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]