ここから本文です

イチロー、約5カ月ぶり2番で左前打 メジャー通算3013安打

デイリースポーツ 9月2日(金)10時34分配信

 「メッツ-マーリンズ」(1日、ニューヨーク)

 マーリンズのイチロー外野手(42)が「2番・右翼」で出場し、七回の第4打席で左前打。メジャー通算安打数を3013本に伸ばした。

 前日の試合で左手首を痛めて途中交代した中堅オズナに代わり、4月20日のナショナルズ戦以来となる2番で起用されたイチロー。先発右腕のデグロムに対し、初回は三ゴロ。カウント2-2からの5球目、外角高めに外れる153キロツーシームにバットを合わせたが、打球は野手の正面だった。

 三回1死一塁の打席は二ゴロ。二塁封殺で一塁に残り、後続の四球で二塁に進むと、4番イエリチの中前適時打で先制のホームを踏んだ。

 1点リードの五回は先頭で空振り三振。初球、外角に外れたカーブをストライクと判定された後、2球目をファウルにして追い込まれ、ボール2つを挟んだ5球目、140キロスライダーをとらえることができなかった。

 3-1の七回は先頭で左前打。2番手左腕スモーカーに対し、1ストライクから外角151キロ速球をライナーで左前へ弾き返した。

最終更新:9月2日(金)11時10分

デイリースポーツ