ここから本文です

藤波辰爾10・29「日本・ネパール外交関係樹立60周年記念大会」開催発表

東スポWeb 9月2日(金)19時8分配信

 ドラディションの“炎の飛龍”藤波辰爾(62)が2日、都内で会見し、10月29日に後楽園ホールで「日本・ネパール外交関係樹立60周年記念大会」を開催すると発表した。

 昨年、藤波はネパールで国際親善試合を行う計画があった。ところが昨年4月25日に起こったネパール大地震の影響により、中止になったという。この経緯から今回、ドラディションが両国の友好に全面協力することになった。藤波は「震災で延期になったので、まず日本の大会を見てもらい、ネパールにご協力できることがあればということです」と説明した。

 全6試合が予定されており、メーンは長井満也、関本大介組 vs KENSO、浜亮太組に決定。このほか、“ネパールの英雄”ヒマラヤン・タイガーが来場する予定だ。藤波は「本来ならもう行っていたので、向こうの状況がかなう状況ならぜひ行ってみたい」とまずは今大会を成功させ、延期となったネパールでの試合を実現させる方針を示した。

最終更新:9月2日(金)19時12分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。