ここから本文です

社員16万人に「Office 365」を導入する富士通、その狙いは?

ITmedia エンタープライズ 9月2日(金)11時4分配信

 従業員の生産性を高め、知識を共有する――ワークスタイル改革や企業の競争力を高める手段として、コミュニケーション(コラボレーション)ツールへの注目が高まってきている。

【その他の画像】

 富士通は9月1日、社内コミュニケーション基盤をプライベートクラウドからパブリッククラウドへ移行し「Office 365」を導入すると発表した。海外を含むグループ社員16万人が対象で、国内で働く2万人を皮切りに、2017年3月から順次運用を開始。2019年3月には全社員への導入が完了する見込みという。

 同社では、2013年にグローバルでコミュニケーション基盤を統一しており、ワークスタイル改革を社内で実践してきた。2015年は全従業員の95%がWeb会議を経験し、年間では130万回利用されたという。また、社内SNSでのコミュニティー数は3600に上り、組織を横断するプロジェクトグループや、技術系のコミュニティーなどが増えているそうだ。

 「交通費などのコスト削減効果は出ており、生産性の高まりも今後数値化していきたい。技術系のコミュニティーを通じて、20件ほどの特許出願も生まれている」(富士通 グローバルマーケティング部門長 執行役員常務 阪井洋之氏)

 今回、Office 365の導入にあたっては、クラウド認証基盤の「Azure Active Directory Premium(Azure ADP)」を利用し、富士通内のクラウドサービスと連携させたほか、2000を超える他社クラウドサービスとの連携など、マルチクラウド環境でのシングルサインオンや多要素認証を実現した。

 システムのクラウド化で、これまで部署や個人ごとにバラバラだったソフトウェアのバージョンが統一され、常に最新機能を利用できるようになる。今後は、富士通とマイクロソフト両社の人工知能(AI)技術を生かしたパーソナルアシスタント機能の導入も検討しているという。

●自社運用のノウハウを顧客へ提供、ビジネス規模を拡大

 富士通ではワークスタイル改革の社内実践で得た知見を基に、顧客にワークスタイル改革を支援するソリューションを提供している。これまでのべ120万人が導入してきたが、さらなる導入拡大を目指し、マイクロソフトとの連携を強化。企業の経営層に向けたデジタル改革の提案プログラム「デジタルトランスフォーメーション コネクト プログラム」を開始する。

 浜松町にある富士通の「Fujitsu Digital Transformation Center」と、品川にある日本マイクロソフトの「Microsoft Technology Center」を相互連携し、企業へのデジタル革新の提案やワークショップの開催などを行っていく。同社のデジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc」と「Office 365」「Azure ADP」を連携させたグローバルコミュニケーション基盤の導入拡大がその狙いだ。

 Digital Transformation Centerでは、デザイナーやコンサルタントのファシリテートのもと、最新のICT環境を体感しながら、参加者でアイデアやビジョンをまとめていく。IT部門のほか、人事や総務、業務部門の人間も参加することで、より効果の高い施策に落としこめるという。

 「これまでワークスタイル改革系のワークショップを60件ほど行ってきたが、そのうち30件が商談へとつながっている。グローバルコミュニケーション基盤のビジネスは現在300億円弱ほどの規模だが、2018年度までに500億円にまで伸びるよう目指していく」(阪井氏)

 今回の協業はマイクロソフトにとってもインパクトが大きいと、日本マイクロソフト 代表取締役社長の平野拓也氏は話す。

 「Office 365を16万人が導入するのは世界最大級の事例であり、その導入ノウハウをリファレンスモデルとして社外に提供するのはとてもインパクトが大きいことだ。今やワークスタイル改革というのは、経営課題として捉えるべきテーマ。富士通は経営ビジョンの支援も行っており、マイクロソフトの技術を組み合わせ、日本企業のワークスタイル変革をさらに進めていきたい」(平野氏)

最終更新:9月2日(金)11時4分

ITmedia エンタープライズ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]