ここから本文です

ハリル監督「国内でこんなジャッジだと、アウェーはより心配」

スポーツ報知 9月2日(金)6時6分配信

◆ロシアW杯アジア最終予選 ▽B組第1戦 日本1―2UAE(1日・埼玉スタジアム)

 ハリル・ジャパンが、6大会連続W杯出場へ初の黒星発進となった。初戦に臨んだFIFAランク49位のB組日本は、ホームで同74位のUAEに1―2逆転で敗れた。

 ◆ハリル監督に聞く

 ―試合の感想を。

 「ボールをより速く動かせと言ったができなかった。2点目はラインをしっかり越えたように見えたが受け入れてもらえなかった。(試合前に)誰が笛を吹くのか要求したが、関係者も直前まで確認してない体たらくだ。選手は少しナイーブになっている。国内でこんなジャッジだと、アウェーはより心配だ」

 ―大島の評価は。

 「もう少し期待していた。けがをした柏木と競争していて、若い選手を決断した。大島は初めての試合で非難できない。私のチョイス。彼を勇気づけることが必要だ」

 ―左FWに清武を起用した理由は。

 「FWのプレーを望んだが背中を向けてしまった。火曜日に到着したので50、60分が限度だと予測していた。宇佐美も、武藤も考えたが(所属クラブで)長い間プレーしていない」

 ―UAEと準備期間の違いは。

 「この1試合のため十数試合のビデオを分析した。UAEのすべてを把握して臨んだ。欧州から来る選手もいるので疲労回復もしないといけない。若い選手は夜のミーティング中に寝てしまう状況だ」

最終更新:9月2日(金)11時40分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。