ここから本文です

カナダ版アカデミー賞で3部門受賞した戦争ドラマ、兵士たちの葛藤描いた予告解禁

映画ナタリー 9月2日(金)14時1分配信

カナダのアカデミー賞といわれるカナダ・スクリーン・アワード2016にて視覚効果賞、録音賞、音響編集賞を受賞した戦争アクション「ハイエナ・ロード」の予告編がYouTubeにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

戦地アフガニスタン・カンダハルで過酷な任務に就くカナダ軍兵士の姿を描いた本作。出演者には、ドナルド・サザーランドの実子ロシフ・サザーランド、「バードピープル」のクラーク・ジョンソン、「白い沈黙」のクリスティン・ホーンらの名が並ぶ。俳優としても活躍するポール・グロスが、監督と脚本を担当、出演も果たした。

このたび公開された予告編では、敵地を縦断する道路“ハイエナ・ロード”建設の任務を負ったカナダ軍兵士と武装集団とが交戦する過酷な戦場の光景が映し出されていく。そんな中、理想を胸に戦う狙撃兵と感情を捨て任務を遂行する将校とが激しく信念をぶつけ合う姿も捉えられている。

グロスは制作にあたり、実際にアフガニスタンで駐留するカナダ軍の前線基地に長期滞在し、徹底的な取材を敢行。基地外パトロールにも同行したというグロスは「任務の苛酷さを思い知らされた」とのコメントを寄せている。

「ハイエナ・ロード」は、10月1日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催のイベント「ワールド・エクストリーム・シネマ2016」で上映されるほか、全国にて順次公開。



(c)2015 Rhombus Hyena Inc. / Triple 7 Films Inc. / Hyena Productions Inc. All Rights Reserved.

最終更新:9月2日(金)14時1分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。