ここから本文です

学士会館精養軒で仏最優秀職人章のテットドアさんによる晩さん会 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 9月2日(金)16時54分配信

 神田錦町の「学士会館精養軒」(千代田区神田錦町3)で9月18日、クリスチャン・テットドアさんによる晩餐会「極める フランス料理・伝統のエスプリ」が行われる。(神田経済新聞)

学士会館

 MOF(フランス最優秀職人章)の称号を持ち、「メートル・キュイジニエ・ド・フランス協会」の会長でもあるテットドワさんを、FFCC(フランス料理文化センター)の協力により招聘(しょうへい)する同イベント。9月17日には、同館「レストラン ラタン」でテットドアさんのディナーメニューを提供する予約制の企画も予定する。

 昨年に続き好評を受けての開催で、「テットドワさんが日本で伝統のフランス料理を披露するイベントは今年日本国内ではこの機会だけ」と同館。

 メニューは、「アミューズ」「美食家の一皿 オリンポス風」「真鯛のロティ 栗とともに ベーコンのエミュルションと瓜のタルタル」「牛フィレ肉のシャトーブリアン トリュフのソースとセップ茸“MOFテットドワ”スタイルで」「ランゴ・オ・ショコラをフランボワーズとともに」「小菓子」。コーヒーも用意し、アルコールには料理に合わせたシャンパンとワインを提供する

 18時開始。料金は、学士会館会員=2万円、一般=2万4,000円。申し込み方法は同館ホームページで確認できる。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月2日(金)16時54分

みんなの経済新聞ネットワーク