ここから本文です

韓国人の76% 合意履行しても少女像移転に反対=世論調査

聯合ニュース 9/2(金) 14:53配信

【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップが2日に発表した旧日本軍の慰安婦問題をめぐる日本との合意に関する調査結果によると、在韓日本大使館前の慰安婦を象徴する少女像について、回答者の76%は日本政府の合意履行と関係なく移転してはならないと答えた。日本政府が合意を履行する場合、移転しても良いと回答したのは10%だった。調査は先月30日から今月1日まで、全国の成人1009人を対象に実施された。

 昨年末の合意では少女像について、「公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知し、韓国政府としても可能な対応方向について関連団体と話し合いを行うなどし、適切に解決されるよう努力する」とした。

 合意直後の今年1月第1週に実施した調査では「移転してはならない」が72%、「移転しても良い」が17%だった。

 合意で日本政府が慰安婦問題について謝罪したと思うかどうかを尋ねる質問には「謝罪していないと思う」が84%、「謝罪したと思う」が8%だった。1月の調査ではそれぞれ72%と19%だった。

 野党や市民団体などが再交渉を求めていることに関しては、63%が「再交渉すべきだ」と回答した。21%は「再交渉を求めてはならない」と答えた。

 韓国ギャラップは「少女像移転、日本政府、再交渉に対する世論が1月に比べてさらに厳しくなった」と分析。「両国政府や民間レベルで少女像移転などの試みが行われる場合、深刻な対立が起きかねないことをうかがわせる」とした。

最終更新:9/2(金) 15:05

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]