ここから本文です

ソニー、コンセプトプロトタイプ「T」を明らかに

ITmedia LifeStyle 9月2日(金)13時45分配信

 ソニーは、新しい研究開発プログラム「Future Lab Program」(フューチャー・ラボ・プログラム)の第2弾コンセプトプロトタイプ「T」を「IFA 2016」で公開する。

ハードウェアはミニマルな構成

 “T”は、テーブルや物体の上に投影された映像を、指などで直接操作するインタラクティブな空間を作り出すことで、情報への自然なアクセスと新鮮なインスピレーションをもたらす技術だ。

 ハードウェアは、小型のプロジェクターや画像認識機能などを組み込んだ机。その上に置かれたオブジェクトや投影画像をリアルタイムに認識し、さらにユーザーの指の動きや傾きの角度からジェスチャーを検知して、投影画像に反映する。複数のユーザーが同時、かつ直感的にイメージを操作することが可能だ。

 Future Lab Programは、開発している技術やコンセプトを一般ユーザーにも公開し、フィードバックを得ながら開発を加速するためのプログラム。イメージの固定化を避けるため、製品を披露する前にあえて詳しい情報は出さず、Future Labの「F」と「L」をモチーフにしたターゲットのようなマークにプロトタイプを象徴する1文字だけを入れたイメージを公開している。

最終更新:9月2日(金)13時45分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]