ここから本文です

英消費者信頼感が国民投票前近くに回復、見通しには依然悲観的

ロイター 9月2日(金)13時2分配信

[ロンドン 2日 ロイター] - 調査会社ユーガブと経済ビジネス・リサーチ・センター(CEBR)が2日に公表した8月の英消費者信頼感指数は109.7となり、7月の105.0から上昇した。欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を決めた6月23日の国民投票直後の低下の大部分を取り戻した。6月は、112.6だった。

ただ、企業の間で依然、今後12カ月について悲観的な見方が根強い現状が浮き彫りとなった。

今後12カ月の見通しが「楽観的」と回答した企業の割合は全体の48%で、7月の46%から上昇。一方「悲観的」との回答の割合は45%と7月の49%から低下したものの、投票前となった6月の25%は大きく上回った。

最終更新:9月2日(金)13時2分

ロイター