ここから本文です

U字工事が寿司を審査「夢のようなメニューばかり」

お笑いナタリー 9月2日(金)15時12分配信

昨日9月1日、回転寿司チェーン・元気寿司の商品開発コンテスト「キッチンファイト~3rd season~」の決勝大会が都内で開催され、U字工事と矢口真里が審査員を務めた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「キッチンファイト」は元気寿司が展開する寿司レストランのパート、アルバイト、社員などすべての従業員を対象にしたコンテスト。第3弾となる今回は、ニチレイフーズの冷凍食品と元気寿司の商品を組み合わせて作る“NO.1ドリームコラボメニュー”が募集された。

イベントでは、U字工事・福田が審査を前に「気合いを入れるため舌をきれいにしてきました」とコメント。また寿司に関するエピソードについて聞かれると、U字工事の2人は「高校の近くに元気寿司があって。500円で食べ放題の日があったので、そのときを狙ってよく行きました。部活もやっていたので、25皿は食べました」と思い出を語った。

その後、U字工事と矢口は決勝に進んだ5つのメニューを試食。審査の結果、田崎博一さん考案の「サーモンオムレツロール」がグランプリに。矢口は「サーモンと口の中でとろけるオムレツのフワトロの食感が好き!」とその味を絶賛し、U字工事は「夢のようなメニューばかりでワクワクできた。今まで味わったことのない味ばかりで、お寿司ファンが増えそう」と総評を述べた。

「サーモンオムレツロール」をはじめとする決勝進出メニューは9月8日より元気寿司系列の各店舗で提供される。

最終更新:9月2日(金)15時12分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。