ここから本文です

秋田でイスラム敷物「キリム」の特集販売 日本人好みの柄そろえ /秋田

みんなの経済新聞ネットワーク 9月2日(金)17時56分配信

 イスラム諸国で作られる敷物「キリム」の展示販売会が9月1日、アートスペース「ココラボラトリー」(秋田市大町3、TEL 018-866-1559)で始まった。(秋田経済新聞)

アートスペースに並ぶ織物「キリム」

 静岡県の専門店「エイシア」店主の浦田浩之さんが、トルコやイラン、アフガニスタンなどのイスラム圏で買い付けた、毛足のない平織りの織物「キリム」を約70点(1万円~60万円)を展示販売する。

 15年ほど前にパキスタンで「キリム」に出会ったことをきっかけに、「キリムの魅力を日本に伝えたい」と全国を回りながら展示販売会を開く浦田さん。

 「じゅうたんと比べて薄くて軽いのが特長。織り手の民族によって変わる文様の多用さも魅力」と浦田さん。「日本人の好みに合う絵柄や高い品質の商品をそろえた。文様に込められた意味などを含め、キリムの良さを皆さんに伝えられれば」と来場を呼び掛ける。

 営業時間は11時~19時(最終日は16時まで)。入場無料。9月4日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:9月2日(金)17時56分

みんなの経済新聞ネットワーク