ここから本文です

<Wコラム>韓国の苗字の話2、本貫、あなたは本当に「韓国」を知っている? 

WoW!Korea 9月3日(土)21時24分配信

韓国には昔からの姓が二百三十前後しかないのに日本では約三十万、中国では約一万五千(一説には二万とも)くらいだそうです。なぜ韓国の姓が極端に少ないかというと、韓国には本貫という制度があるからです。同じ金姓でも本貫即ち先祖の本拠地が違えば赤の他人です。ですから韓国では金海の金さん、善山の金さんと違いを強調します。もちろん純金と十八金ほどの違いがあるわけではありませんが……。

 同じく、李さんも慶州の李であったり、全州、韓山、永川の李であったりと本貫が多様です。韓国の時代劇に出てくる朝鮮王朝の王様は全州の李です。李さんで本貫が全州なら王様の血筋ですから世が世なら頭ずが高いといわれるかもしれません。

 私が成長してはじめて韓国に行ったときのことです。偶然権と名乗る女性にあって日本から同じ血筋の子が来たというので大歓迎されましたが、その後がいけません。

 「ところであなたの本貫はどこなの? 」と聞かれた私が「本貫て何ですか? 」と返したとたん、いとおしい表情で接していた彼女の顔が見る見るうちに険しくなり「権の血筋にこんな下司な人を見たことない」と怒りをあらわにしました。

 私はその本貫が何かを知らずキョトンとしていました。なぜ怒っているかもわからず。

 彼女は由緒ある権の姓を名乗る青年がその始祖もわからずにいるのが許せなかったのです。ゴンの風上にも置けなかったのでしょう。後にこの屈辱がトラウマになって私は韓国人以上に韓国の姓について勉強するようになりましたが……。


文=権 鎔大(ゴン ヨンデ)
出典=『あなたは本当に「韓国」を知っている? 』(著者/権鎔大 発行/駿河台出版社)

最終更新:9月3日(土)21時24分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。