ここから本文です

井上尚弥、古傷の拳は完治強調 KO勝利へ闘志

デイリースポーツ 9月2日(金)14時48分配信

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(4日、スカイアリーナ座間)

 調印式とルールミーティング、共同会見が2日、東京都内で行われ、3度目防衛戦に臨む王者・井上尚弥(23)=大橋=は「プロとしてやっている以上、KOは毎回しっかり考えている。KOを狙っている」と、前戦で逃したKO勝利へ闘志をむき出しにした。

 3試合連続でランク1位の挑戦者となるペッチバンボーン・ゴーキャットジム(31)=タイ=を迎え撃つ。「WBO1位なので自分の中では満足している」と相手に不足はない。古傷の拳に関しては「完治している。問題ない」と力を込めた。

 ペッチバンボーンは16連勝で世界初挑戦権を手にした。「来日してから状態はいいし、環境への適応も100パーセント。初めての世界戦を日本でできるのを喜んでいる。井上は非常に強い、日本のスーパースターだし、戦えるのはうれしい。できることはすべてやりたい」と意気込んだ。

最終更新:9月3日(土)14時22分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]