ここから本文です

現代「ジェネシスG80」米市場デビュー 発売初月1497台

聯合ニュース 9/2(金) 15:10配信

【ロサンゼルス聯合ニュース】現代自動車の高級セダン「ジェネシス」の新型モデル「G80」が8月に米市場で販売され、1か月で1497台を売り上げた。同社米国法人が1日、明らかにした。

 米国法人のパク・チャンヨン部長はG80の販売について「滑り出しは順調だ。9月末もしくは10月初めに最高級モデル『G90』(韓国名:EQ900)が米市場で発売される」と伝えた。

 現代の先月のスポーツタイプ多目的車(SUV)の販売台数は「サンタフェ」が1万5176台、「ツーソン」が7609台で、前年同月比それぞれ34.8%、15.1%増加した。

 小型車「アクセント」は先月8329台を販売し前年同月比76%増加した。

 現代傘下の起亜自動車はミニバンや小型車の躍進が目立つ。

 ミニバン「セドナ(韓国名:カーニバル)」は先月5147台を販売し、前年同月(2545台)に比べ2倍以上増加した。

 小型車「リオ」(韓国名:プライド)と「ポルテ」(韓国名:K3)も前年同月比それぞれ91.8%、21.1%伸びた。

 ただ、先月は各自動車メーカーが収益改善のため消費者のインセンティブを減らしたほか、9月の「勤労感謝の日」(レイバーデイ、今年は5日)に合わせたセールを控えたため販売台数は全般的に低迷した。

 実際に、現代のG80を除いた先月の全体の販売台数は7万518台と前年同月比2.1%減少し、起亜は同7.9%減少した。

 フォルクスワーゲン(VW、9.1%減)、フォード・モーター(8.8%減)、日産自動車(6.5%減)、ゼネラル・モーターズ(GM、5.2%減)、トヨタ自動車(5.0%減)と、8月はほかのメーカーも低調だった。

最終更新:9/2(金) 15:18

聯合ニュース