ここから本文です

<Wコラム>韓国の苗字の話3、「姓に誓って守る」、あなたは本当に「韓国」を知っている? 

WoW!Korea 9/5(月) 9:10配信

韓国では約束をするときよく「姓に誓って守る」「約束を守らなければ姓を変える」と言うほど姓を大切にします。それは自分の「血筋」であり「出処」を証明するからです。それを日本の植民地時代に朝鮮人を戦争に動員するため、栄えある日本の姓を名乗らせてあげれば喜ぶと思い「創氏改名」を行いましたが、その効果はなく最後には強制するしかなかったのです。よしんば良かれとしたことでも、相手の実情を知らなければありがた迷惑です。

 血筋を大切にすることについては梶山季之氏の『族譜』によく描かれています。

 見た目が特に似ており区別のつきにくいと言われる日韓ですら、相手の実情を知らないとこのような行き違いが誤解を生み憎しみを増幅させます。

 好意でしたことが相手に受け入れられなければ、その期待感(感謝してもらえる)があるだけになおさら腹ただしくなります。これは双方に言えることですので、親しいが故に起こる「近親憎悪」にならないよう心がけるべきです。

●もっと韓国を知るためのことば
 「ヤクソグル アン チキミョン ソンウル カルゲッタ」 約束を守らなければ姓を変える

 韓国人にとって苗字は何物にも代えられない存在の印であり、由緒ある家柄を証明するもので絶対変えられないものです。ですから、姓を変えるということは「ありえない」ので、この約束は「間違いない」ということを意味していますが、現実においては必ずしもそうではないようです。


文=権 鎔大(ゴン ヨンデ)
出典=『あなたは本当に「韓国」を知っている? 』(著者/権鎔大 発行/駿河台出版社)

最終更新:9/5(月) 9:10

WoW!Korea