ここから本文です

<女子バレー>新監督のもと東京五輪に向け“若い”新チーム結成…AVCカップ

WoW!Korea 9月2日(金)15時35分配信

大韓民国バレー協会は2日、アジアバレーボール連盟(AVC)カップ(第5回アジアカップ女子大会)に出場する代表選手12人を最終決定した。

 AVCカップは有望株たちにとって、国際舞台経験を積む上で良いチャンスとなる。また、プロチームは22日から開催されるKOVO(韓国バレーボール連盟)カップ大会のため、AVCカップへの参加が難しい。

 そのため協会は成長が見込まれる選手を国家代表体制のもと育成し、国際大会経験を積ませながら2020東京五輪に備えようという方針だ。

 来る14日~20日、ベトナム・ビンフックでおこなわれる同大会には8チームが参加する。韓国は予選ラウンドで中国、日本、カザフスタンとB組に属し、総当たり戦を展開する。A組はベトナム、タイ、台湾、イランだ。

■第5回アジアカップ女子大会・韓国代表リスト

レフト(4人):ユ・ソヨン(174cm、善明女子高)、パク・セユン(179cm、中央女子高)、イ・ハンビ(19、177cm、フングク生命)、イ・ヨン(19、180cm、GSカルテックス)

ライト(2人):チョン・ホヨン(189cm、光州体育中)、キム・ヒョンジョン(180cm、中央女子高)

センター(3人):キム・ジュヒャン(182cm、光州体育高)、イ・ソンジョン(182cm、善明女子高)、ファン・ヒョンジョン(19、185cm、フングク生命)

セッター(2人):ハ・ヒョリム(175cm、ウォンゴク高)、イ・ゴウン(21、170cm、IBK企業銀行)

リベロ(1人):ト・スビン(165cm、大邱女子高)

最終更新:9月2日(金)15時35分

WoW!Korea