ここから本文です

石川遼は通算4アンダーでホールアウト

デイリースポーツ 9月2日(金)15時29分配信

 「フジサンケイクラシック・第2日」(2日、富士桜CC=パー71)

 3アンダー2位で出た石川遼(24)=CASIO=は5バーディー、4ボギーの1アンダー70でまとめ、通算4アンダーでホールアウトした。インスタートの10番でいきなり3パットのボギーが先行し、12番も第2打をグリーン右奥に外してボギーを重ねた。

 だが、ティーショットをグリーン右に外した13番でアプローチを30センチに寄せてパーをセーブ。通常より距離が短い“チャンスホール”の14番パー4で1オンバーディーを奪って悪い流れを断ち切った。

 後半アウトで1つスコアを落としたが、通算4アンダーで踏みとどまり「今日はメンタルがスコアに貢献した。ボギーが先行したけど、13番でパーを取れ、14番でしっかりバーディーを取れたことが大きい」と振り返った。

最終更新:9月2日(金)15時58分

デイリースポーツ