ここから本文です

ウズベク大統領、深刻な状態 容体急激に悪化=政府

ロイター 9月2日(金)13時45分配信

[タシケント 2日 ロイター] - ウズベキスタン政府は2日、脳出血を起こしたカリモフ大統領が深刻な状態にあると発表した。

政府系ナロードノエ・スロボ紙が掲載した声明によると、過去24時間で容体が急激に悪化した。

「医師団は(大統領の容体を)危機的と診断した」としている。8月27日から入院しているという。

カリモフ氏は78歳。1989年に大統領に就任した。

最終更新:9月2日(金)13時45分

ロイター

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。