ここから本文です

大渕弁護士が当面のテレビ出演見合わせ表明…懲戒明けで1か月ぶりブログ更新

スポーツ報知 9月2日(金)10時46分配信

 東京弁護士会から業務停止1か月の懲戒処分を受けた、タレントとして日本テレビ系バラエティー番組「行列のできる法律相談所」(日曜・後9時)などに出演していた大渕愛子弁護士(39)が懲戒が明けた2日、自身のブログを1か月ぶりに更新し、当面テレビ出演を見合わせると表明した。

【写真】橋下徹弁護士と大渕弁護士

 12月に第2子出産予定の大渕氏は「この1か月間は、これからの自分の在り方を考えるための意味のある時間でした。TVのお仕事に戻らせて頂くか否かについてもよく考えた結果、出産を控えていることもありますし、まずは弁護士業務の見直し、再構築を行うべきだと思いましたので、当面見合わせさせて頂くことといたしました」とつづった。

 大渕氏が説明した8月2日の会見と弁護士会が公表した文書によると、大渕氏は2010年10月、依頼人女性から離婚に伴う養育費請求の依頼を受任した。その際、着手金17万8500円と月々2万1000円の顧問料の支払いを受ける約束を交わした。

 その後、女性は報酬支払いについて法テラスの援助制度を利用し、大渕氏は法テラスから12万5000円を受領した。法テラス利用者から弁護士が報酬を受けることは禁止されているが、大渕氏は依頼人から、約束した着手金からの不足分と顧問料5か月分の計17万8500円を受けていた。

 依頼人は不当な支払いであるとして、11年6月に弁護士会を通して返金を求めたが、大渕氏は拒絶。同年10月、会役員の説得を受け、ようやく返金に応じた。大渕氏は「認識不足でした。返還義務がないと思って素通りしてしまいました」と反省。法の専門家にもかかわらず、法テラスについての知識を欠いていたと説明した。

 大渕氏は「行列」のほか、月曜レギュラーを務めていたTBS系「白熱ライブ ビビット」(月~金・前8時)、ABCテレビ「教えて!ニュースライブ 正義のミカタ」(土曜・前9時30分、関西ローカル)に出演していた。

 ◆大渕 愛子(おおぶち・あいこ)1977年8月12日、東京都生まれ。39歳。中央大在学中に司法試験合格。2001年から東京弁護士会所属。法律事務所勤務を経て10年に独立し、11年から「行列―」に出演。14年に俳優の金山一彦と結婚。15年3月に第1子となる男児を出産し、12月に第2子の男児を出産予定。ゆるキャラ「ふなっしー」の熱狂的ファンとしても知られる。

最終更新:9月2日(金)12時25分

スポーツ報知